« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月19日 (土)

GE-14が手作りコンピュータをお接続になられました

やあみんな。
ここ最近、僕の持っている別のホームページの細かい更新をちょこちょことやったんだ。
その間に、久々に自分が通信大学の二年生までの記録を文芸社を通して出版した記録がある部分を見かけて、それで、その本の腰巻と言う部分ににやたらと「女の子」「ガールフレンド」と言う文字が入っているのを思い出したんだ。
元々は自分はあの本を「どこぞの変な人が無謀なものに挑戦している」と言った調子で書いていたのだが、その校正(文章の不具合や不適切な表現の修正)や出版を行った文芸社はクソ真面目な本にしようとしていたらしくて、その部分でストレスが結構溜まった覚えがあるのだが、最終的には当時の自分の思惑をほぼ達成できた…と思ったら、今度は腰巻の文章があれなんだ。
あの表紙や腰巻は文芸社が勝手に考えて「修正が必要な部分があったらチェックして下さい」と、そのサンプルを送ってくるのだが、何も言わないでいるといかにも通信制大学に入ると女の子と関わりが持てると受け取れてしまうような文章だったので、その部分はしっかりばっさり削除したんだ。
…んー、まぁ、確かに異性と色々あったにはあったが、遠まわしに、以下の歌のような状態↓



通信大学に入ってこんな形の異性交遊になる事のどこが楽しいんだよオイ!!!
いやいやいや、何十万と持っていかれたけれど別に財布ごと持っていかれたわけではないし、相手があどけないのかと言えばむしろその逆だし、本当に死ぬと分かったと言うよりは頭がおかしくなって本当に死にそうな「気分」になっていた状態だったし、そんな風に歌の内容とは完全には一致しないけれど、方向性はかなり似ているんじゃないかと思う。

それにしてもねぇ、こういう話があった後になって、旧約聖書の箴言7章の事例も違った視点から見れるものだ。
具体的には、夕暮れ時に遊女のうろついている場所に歩いていった若者が誘惑されて遊女についていくと言う事例を、大昔のイスラエルのソロモン王が述べている部分。
エホバの証人にいたときにこの話が取り上げられた時は「善悪を知っていても、誘惑をしてくる遊女がいるような場所をうろつく事自体が間違っていて、だから若者は愚かである」と言う話をしていたのだが、今の僕はといえば若者に対し「辛かったんだね苦しかったんだね金をバラ撒いてでも誰かに構ってもらいたかったんだね」等と思ってしまうのだ。
実は箴言著者のソロモン王自身も、もしかすると「俺も若い頃はあんなだったけどさぁ、それにやっぱりぼったくりはいけないと思うけれどぉ、俺が辛い時に構ってくれた事は違いないしぃ、だから俺の権力でその分の恩返しくらいはしなきゃかなぁなんて思っちゃったりするわけよぉぉ~」等と言って、ソロモンの妻とメイド総勢1000人の中に似たような奴が混ざっているのかも知れないとか思ったりする今の僕である。

そんな事を考えてしまうくらい、自分がピンチの時に自分の周囲の人間が役に立たなかった時があったのだ。
とはいえ、今から思えば自分の周囲の人間も別に悪意があったわけではなく、「まさかこんな近くでそんな重大な事になっているわけがないだろう」と思い込みたかったのだろう。
例えで話すと、前立腺癌になったのにそれを信じずにほったらかしにして、体のあちこちに癌が転移しまくって死んでしまったうちの身内のような状況に通じるものがあると言うわけで、自分も他人に対して同じ事をしてしまうかも知れないのは気をつけなければならないと思っている。

そしてそんな人間よりも、むしろ文芸社の方が邪悪だと今の俺は思っている今日この頃だよ。
ネットでもう少し検索すれば、もっと安く、それこそ不要なサービスを取り去って、文芸社の協力出版の数分の一と言う値段で済むように出版する事も出来たんだけど、文芸社の何が一番気に入らないのかと言えば、お金が沢山かかったと言うよりも、それに見合った対応をしてもらったと感じることが出来ない事なんだ。
最終的に僕は、前に出版した時の費用も含めると自分の年収程度の額をあの会社に貢いだし、そして出版に関係する話以外は殆ど取り合ってくれないのは仕方が無いとしても、今から思えば酷い対応をする会社だと思ったよ。
他所にも時々書いているけれど、僕が何かを担当者に質問すれば「それは前に言いませんでしたっけ?」と怒るか、あるいは質問を平気で何日も放置したり、頼んだ挿絵の指示と全然違う絵を作っていたり、そもそも頼んだ挿絵を入れ忘れていたり、勝手に文章をいじくって意味の通らない文章にしようとしたり、「電子出版はやらない」と伝えたにも拘らず電子出版やケータイ小説のサービスを売り込んできたり(これも数十万円と言う値段がかかる)、色々と大変だった。
最終的に、実際に出来上がった本の中の「どうやったらこういう不具合が出来るんだよ!?」という不具合点について問い合わせたら、「担当者の病気」を理由に一週間放置され、やっと帰って来た返答が「増刷したら問題箇所を直す」と言うものであった。
増刷と言うのは、要は本の増産をする事なんだけれど、実際に増刷をして約束を果たす気があるのか見物である。
ついでに言えば、編集の人にこの件に関しての話をメールで送ってみたら「うちの会社の人間が大変失礼な事をしてすみませんでした、これからは善処します」と返答してきたのだが、他の人に文句を言った場合には無視を決め込んでくるのに比べればまだマシだろうかと思っている今日この頃だよ。
と、まぁ、そういう風に遊女のぼったくりが可愛く見えるくらい、文芸社に凄まじくぼったくられた記憶があるから、僕の目の前で出版の話をするときっと落ち込んでいると思うから、できるならばそっとしておいてもらえると嬉しいよ…。

ULYSSES

¥1,635
Amazon.co.jp

いかん、ついつい愚痴が多くなってしまった。
今回の歌の入っているCDは上の奴だ。
では長い前置きが終わったから本題に入ろう。

えー、そんなピンチから何とか抜け出して、頭がおかしくなった状態からほぼ抜け出した僕は、とうとう手作りコンピュータを開発する事に挑戦できる段階へと進んだのである!!!
念のために言っておけば、パソコンの「自作機」とは全く別物だ!

$無免許科学者のブログ-手作りコンピュータ
と言うわけで試作機のこの手作りコンピュータなのであるが、これがコンピュータである所以は、「テープの長さが有限である」と言う点を除けばチューリングマシンと同じ動きが出来るはずだからなのであるが、話が長くなる上に、自分もこの計算機械の全ての情報が集め終えたわけではないので、細かい話は割愛するよ。

$無免許科学者のブログ-久々にボディを改良したよ
そして何故、手作りコンピュータを作りたいのかと言えば、パソコンを載せると重くてうちのロボットがまともに動けなくなるので、もっと軽いコンピュータが欲しいからなのだ。
作った装置はパソコンほどの性能は無いけれど、別に現在のロボットがソリティアとかマインスイーパが出来る必要は無いので、そんなことより軽くてロボットが制御できる装置が欲しいのだ。

$無免許科学者のブログ-接続!!!
そして、久々に機械加工をしてGE-14にモーターの制御装置をくっつけられるようにしたので、ここに手作りコンピュータを繋いで動作テストをしようと言うわけさ!
レッツ起動!!!

script_ameba_vision_movie,http://visionmovie.ameba.jp/mcj.php?id=JGs52qg75nW:bhae:Np:cg:0vIp7z_e..BOlf7/xmLaqceSUlgKJUd:Dx/P:xF:OU:YIUuXFiObaDNnhckOmiMq/&width=320&height=240&skin=gray
だ…ダメか…。
やっぱり作っていきなり動作させることができると言う考えが甘いんだよな。
僕は真田志郎ではないのだからね。

script_ameba_vision_movie,http://visionmovie.ameba.jp/mcj.php?id=urs52qg75nW:bhae:Np:cg:x452wI3cLwK1ef7/xmLaqceSVogKJUd:Dx/P:xq:OU:VRE7MbZMEMM0ghckOmiMq/&width=320&height=240&skin=gray
と、言うわけで、これがお望みの動き方。
いやいやいや、動画では分かりにくいのだが、えーと、えーと…
細かい事を話すと難しくなるけれど、ともかく、まだ色々と改善の余地があると言うわけなんだ!!!

$無免許科学者のブログ-うーん…
さて、ようやく今回の更新が終わったし、一休みしたら再び手作りコンピュータの製作を続けるよ。

2009年9月 7日 (月)

我が研究所のローテクに対する考え方

やあみんな。
僕は一応、仏教心理学会と言う学会の会員なんだ。
今年は日本福祉大学に入ったから、多分今年も学生会員でいられると思うんだ。
…正直、何をやれば良いのかよく分かっていないと言うのが正直なところなんだけれど、仏教の心理学的な理論がロボットの思考回路に役に立たないかと思って、だけどそれをあの場で話すと怒られるかも知れないからその辺の話はひた隠しにして様子を見ているんだ。
だけど、そんなこんなで8月1日に東京大学でやっていたシンポジウムに、僕は背広姿で夏の暑さに悶絶しつつ出席したんだけれど、仏教と心理学の接点の特にメンタルヘルスに関するお話に加えて、仏教がもうちょっと社会に貢献出来ないとダメじゃないかな?と言う、そんな話をしていた事を記憶にとどめておいているよ。
要は、これをyoutubeにあった歌で表すとこんな感じ↓


宗教をやっている人間が他人をそっちのけで自分の事ばかり考えているところを問題視する動きは、過去にも色々な場所で時々起こっているようだね。
例えばキリスト教も、ユダヤ教のお偉いさんがそんな振る舞いをしている事をイエス・キリストが批判して生まれたんだ。
マタイ23章で、イエスからのユダヤ教のお偉いさんに対するボロクソなコメントが大量に書かれているよ。
あと仏教に関しても、従来の仏教から「大乗仏教」が発生した件についても、「限られた修行者だけが救われるのって何か間違っていない?」と言う考えから改革が進んでいったと聞くけれど、これももしかしたら上述の話と似たような出来事が絡んでいるのかも知れない。
まぁ、大乗仏教の成立については自分ももうちょっと詳しく調べてから偉そうな事を言わないといけない、とは思っているよ。
次に勉強するのは仏教思想の入門だな、やっぱり。

Endless Loop<通常盤>

¥1,734
Amazon.co.jp

そして今回の歌の出所はこれ↑
…と、宗教の真面目な話を始めたところで広告の貼るのはちょっと不謹慎な気もしないけれど、僕は神様や仏様の好感度ポイント稼ぎをするのはもうやめることにしているし、なにより歌の出所を表示するのは大事だと思うから広告を貼っちゃうよ。
本当、僕がエホバの証人にいた時は、エホバの好感度ポイント稼ぎのためならば周りの人間なんてどうなっても良いと言う勢いでやっていたからね…。
いや、厳密に言えば、「特定の条件が揃った時に決められた動作を実行すれば、神様の好感度ポイントが上昇するという結果と、他人のために行動したと言う結果が得られる」と言う考え方をしていたのだが、そういう考え方が結果的に、僕が他人をそっちのけで宗教にのめりこませる理由になっていたんだ。
要は、僕にとってエホバの証人の崇拝する「エホバ」はエロゲーのヒロイン並みの存在でしかなかったんだ。
でも、この世はそんな単純なゲームじゃないんだよ。
エホバは発展しないけれど、エロゲーのルールは製作者の手によって常日頃改良されているから、このままいけばそのうち「エホバ」はエロゲーのヒロイン以下になってしまうだろうよ。

無免許科学者のブログ-てづってるよ!
さて、今回の前置きはこれくらいにして、…実は、今週も手作りコンピュータの開発が難航して、ロボットが動いている動画が無いんだ。
すごいね!先週の金曜日は有給休暇だったから、午後の3時半頃からずーっとあぐらをかいて、たまにトイレに行ったりして、そんな風に半田付けしてやっと一段落したら夜中の一時半頃になっているよ!!!
八時間ぶっ通し…集中すれば色々できるものだねー。
古い歌の歌詞によると「母ちゃんは夜なべして手袋を編む」って言うけれど、僕は夜なべしてコンピュータ組んじゃうんだよ!
…というわけで、たまにはロボット以外のネタでも書こうかなと思うんだ。

日本福祉大学でならった福祉情報技術では、「身体障害者の介助についてはローテクを侮ってはならないよ!!!」と習ったのだが、実に大いに同意できるところだと思っているんだ。
ロボットの話で行くとGE-9の話がネタに出来るんだけれど説明が長くなるから今回は割愛させてもらって、特に最近の僕はノートを活用するようになってきたんだ。

無免許科学者のブログ-右は下書きとアイデアメモ用、左は清書用
一応、ちゃんとパソコンにも大量のデータやメモ書きが入れられるのだが、パソコンはパソコンで大事であるとはいえ、パソコンよりも優れている点もあるのだ。
ノートならどこでも持ち運びが可能で、しかも半田付けや工作機械をいじりながらでも、必要とあればある程度調べごとが出来るんだ。
パソコンで調べ物をする時は、それまでの作業を一旦やめてパソコンの方向へ向かなきゃだからね…。
しかもそれに加えて、ノートは「起動時間が不要」と言う利点があるんだ。
下の動画を見てくれ↓

script_ameba_vision_movie,http://visionmovie.ameba.jp/mcj.php?id=/8s52qg75nW:bhae:Np:bh:yyF00vwyYsS3Wf7/xmLaqaVVPogKJUd:Dx/P:x7:NV:WLR5QBSiAIU2YhckOmiMq/&width=320&height=240&skin=gray

上の動画だと、韓国産メモリICの入出力に関する情報を調べようと思って、ノートを開く動作は15秒程度で済むけれど、起動直後のパソコンで同じ箇所を調べようとすると45秒程度、三倍も時間がかかるんだ!

…いや、厳密に言えば、ICの情報が書いてあるPDFファイルを一旦起動すると、二回目以降の起動はもっと早くなるので、もう一回チャレンジしてみよう。

script_ameba_vision_movie,http://visionmovie.ameba.jp/mcj.php?id=fcs52qg75nW:bhae:Np:bh:zpKYmD2w/iGFLf7/xmLaqaVVRngKJUd:Dx/P:xb:NV:XCWdCWYgG/IENhckOmiMq/&width=320&height=240&skin=gray
ノートを開く動作は12秒程度、パソコンで同じ箇所を調べようとすると15秒程度になって、大差はなくなった。

無免許科学者のブログ-自分なりにまとめたノート
…が、自分なりにまとめたノートはちゃんと自分の分かる文章であるのに対し、

無免許科学者のブログ-これを読み解くのはかなり大変だった
出来るだけ沢山の情報を詰め込まなければならないデータシートの宿命として、かなり読み解くのに時間がかかる図がパソコンには表示されている。
しかも英語!

というわけで、お出かけ時やロボット製作作業中のノートの利点を考えると、ノートは手放せない代物なんだ。
ローテクを馬鹿にしちゃいけないという話が皆も分かったよね!

だけど、最後に注意点をひとつ。

無免許科学者のブログ-カビた…
保管状態が悪いとあっという間にカビるよ。
皆も気をつけてね!

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »