« 2008年5月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年10月

2008年10月28日 (火)

GE-9がお復活になられました

みなさま、秋も深まり、真にご健勝の事と存じ上げ申します。


ある日のGE-9
さて、今回は、かつてこちらで話題に上っておられましたGE-9の再びの登場でございます。

あの後、


合体に供された後のGE-9の残り部品

「GE-11に合体する」と言って部品取りになられたはずのGE-9の残骸から部品を一個取り出しまして、GE-9がお復活になられました。


具体的にどんな事になったかと申し上げますと、ものすごいパワーアップをしておられます。

現在持ちうる技術をつぎ込みセンサー機能を付加し、電源供給を家庭用AC100ボルト電源をやめて電池式とし、その上で徹底的に機能を簡略化して、可動部分をほとんど取り払った結果、自走パソコンとしての性格がより強くなってしまいましたが、その代わりに180度方向転換という、我が研究所では前代未聞の偉業を成し遂げました!!!

その雄姿をぜひともごらんください!!!

script_ameba_vision_movie,http://visionmovie.ameba.jp/mcj.php?id=bYs52qg75nW:bhad:Og:di:x/CjBIrt3r2NPf7/xmLaiiaWWigKJUd:Dx/O:yO:PW:VYOoebNdCH4MRhckOmiMq/&width=320&height=240&skin=gray

はい、方向転換しましたね。

180度とちょっと。

誰がなんと言おうと私めは感動なんです!

感動なんです…。

…いつか…立派なロボットになってね…。



最近のGE-9の残骸
それはそうと、未だにかなりの部分が残る、GE-9の残骸はいかがいたしましょうかね…。

やはり貴重な部品取りになると思って保管しているのですが。


2008年10月13日 (月)

デ式試験機最終形態!&聞かん坊GE-12

皆様、お久しぶりでございます。

相変わらず無免許で研究をやっているDr.Nabeです。


この度、デ式試験機がついに最終形態となりましたので、調整を行いました。

具体的には、無線操縦で二足歩行が可能となりましたが、公式ホームページでも話題になっている通り、未だに調子が芳しくないです。

あああああ~私めのGE-12がああああぁぁぁぁぁ~!!!


いえいえ、あの程度の事で壊れるほど柔なGE-12ではない…はずです。

そう信じます。

今のは無かった事にして、もう一回前進と後退を繰り返してみます。

まっすぐ進めないのですが、何とか動けるようにはなりました。

GEシリーズの公開試験に使うには、もう少し頑張らなければならなそうでございます。


さて、当のGE-12も、 未だに大したことはできませんが、少しづつプログラミングをしております。

例えば、以下の動画は「0.25秒前進せよ」と言う指示を出したときのものです。

あれ…?

0.25秒前進するついでに、顎が開いた…?


もう一回。

あああああもう!暴走しないで!やめて!?お母さんの言う事が聞けないのですか!?

まったくもって聞かん坊を持ってしまった私めです。


思えば、うちの母ちゃんも私めを育てるのに大変苦労されたのでしょう…ありがとう母ちゃんと思う私めでした。



« 2008年5月 | トップページ | 2008年12月 »