« 2008年1月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月31日 (月)

GE-9が究極超合体をなさられになられました

皆様、お久しぶりでございます。

最近、色々と忙しい毎日を送っておりましたが、お久しぶりにロボット製作に精を出すことができました。

さて、最近の動向はと申しますと、開発にいろいろな意味で行き詰まってきた私めは、


結局歩くことのできなかった二足歩行(風)ロボのGE-7と、
素体の完成したGE-7


タイヤ付きのくせにまともに動かなかった三輪車ロボのGE-9と、
GE-9お休み形態

コンピュータが故障気味な上に(ジャンク品で購入したやつだからね)改造に失敗してただでさえ非力なのが余計に非力になった(補助輪付き)二足歩行ロボのGE-10を、
(補助輪つき)二足歩行ロボット

究極超合体と言う名の下に部品の一部をそれぞれ合体させまして、

名前もGE-11と言う名に改めて稼動開始でございます!!!
GE-11

結局タイヤつきメカとなってしまいましたが、結構いけそうです。

そういうわけで、大幅な機動性の向上…というか、死ぬほど移動能力が向上したため、足回りと肩部のテスト動画をどうぞ…。
script_ameba_vision_movie,http://visionmovie.ameba.jp/mcj.php?id=pms52qg75nW:bhad:Nj:ea:0fJ24ysiDhRQLf7/xmLhidXSVrEKPL:4BxG:30:8N:h/XSvGOKICZR7sWlJUdA7x&width=320&height=240&skin=gray


なお、高い機動性を願ったため、頭部はガンダム顔となっています。
ガンダム顔

量産化されたときには大幅な弱体化を覚悟せねばなりませんが、「このGE-11が量産された暁には…」などと堂々と言ってみたいものでございます。

 


後記:

タイヤ…禁断の秘儀…。

というか、タイヤ万歳。

やはり仏教的に「二足歩行への執着を捨て」たからこそ、この機動性が実現できたのですな…。

…いんや、諦めたわけじゃないけどねっ


« 2008年1月 | トップページ | 2008年4月 »